JAXBの簡単な解説(2)

前回はまず使ってみるということで、単純なJavaオブジェクトからXMLへ変換する方法を解説しました。

今回は、XMLからJavaオブジェクトへ変換する方法と、また一歩進んでバインディングを制御するアノテーションについて解説します。

XMLからJavaオブジェクトへの変換

データ構造としては前回と同じものを使いましょう。

会社(従業員*)
従業員(名前,給料)

これらを表すJavaクラスも前回と基本は同じなのですが、オブジェクトの中身を見たいのでtoString()を追加しています。 続きを読む JAXBの簡単な解説(2)

JAXBの簡単な解説(1)

JavaとXML間のバインディングを行うJAXB

JavaオブジェクトからXMLへ変換したい、またはXMLからJavaオブジェクトへ変換したい、ということはよくあるものです。

方法はいくつか考えられますが、JavaSE6 にある標準技術 JAXB (Java Architecture for XML Binding) では、この変換を手軽に実装できるようになっています。その使い方を解説しようと思います。

JAXBの考え方

まずはJAXBの考え方を俯瞰しておきます。

続きを読む JAXBの簡単な解説(1)