Getting Started with Glassfish on Heroku

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。私は今回の年末年始のお休みの間、なるだけPCを開かないでおこうと心に決めていたのですが、前々から気になっていたHerokuを少しだけ触ってみようかな、などど思い立ってしまいました。

さて、HerokuにはJava・Ruby on Rails・Python/Djangoなど、いくつかのWebアプリケーション実行環境が用意されています。JavaのWebアプリケーションを実行するために、Herokuの公式ドキュメントではJettyを使用していますが、ここはGlassfishを動作させてみましょう。jarファイル1個で起動できるEmbedded Glassfishを使用します。

プロジェクトを作成してローカル環境で実行する

Mavenを使ってビルドを行いますので、まずはpom.xmlを作成します。packagingはwarとし、maven-war-pluginには以下のようにweb.xml不要の設定をします。

<plugin>
    <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
    <artifactId>maven-war-plugin</artifactId>
    <version>2.3</version>
    <configuration>
        <failOnMissingWebXml>false</failOnMissingWebXml>
    </configuration>
</plugin>

さらに以下のdependencyを追加します。

<dependency>
    <groupId>org.glassfish.main.extras</groupId>
    <artifactId>glassfish-embedded-all</artifactId>
    <version>3.1.2.2</version>
</dependency>

次にGlassfishを起動するクラスを作成します。リッスンポートは環境変数から取得するように設定しています。 続きを読む Getting Started with Glassfish on Heroku